プラセボに当たる確率は?

倫理的な問題はあるものの、
プラセボを用いる治験は増えてきています。

そこで最近では、
プラセボに当たる患者の数ができるだけ少なくなるように、
被験薬対プラセボの割合を、
2対1、3対1、4対1、5対1・・・
となるように設定する場合が増えてきています。

治験の参加者数が多ければ、
プラセボの割合を減らしても、
統計的な解析が可能だからです。

もちろん、参加者数が少なければ無理ですが。。。

プラセボを使用する治験と使用しない治験では、
当然、参加率が異なってきます。
どんな患者だって、
プラセボを使うなんて馬鹿馬鹿しいと感じますし、
自分の疾患の治療を中止する危険性も理解しています。

治験への参加者が集められなければ、
その治験はいつまでたっても進まないので、
開発元の製薬メーカーも必死です。

そこで、せめて、プラセボに当たる確率を減らして、
参加者の不安を小さくしようということなのです。

▲Topへ

 
 
プラセボに当たる確率は?

さて、上記のようにプラセボの比率を少なくする場合において、
単純に比率を抑える場合もありますが、
被験薬の用量を2種類以上用意することによって
実現する場合も数多く見受けられます

用量を変えた場合を比較することによって、
効くかどうかを調べると同時に、
被験薬の最適な用量を調べることができるのです。

特に多いのは、症例数の比率を

被験薬(用量1):被験薬(用量2):プラセボ=1:1:1
とすることで、結果的に、
被験薬:プラセボ=2:1
となります。

プラセボの人数の比率を減らして、
被験薬(用量1):被験薬(用量2):プラセボ=2:2:1
すなわち、
被験薬:プラセボ=4:1
とする場合もあります。

用量の種類を3つにすれば、
被験薬(用量1):被験薬(用量2):被験薬(用量3):プラセボ
=1:1:1:1
として、
被験薬:プラセボ=3:1

という場合もあります。

▲Topへ


<プラセボFAQ>
 

0.プラセボとは?
1.なぜ、プラセボを使うのか?
2.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
3.プラセボとインフォームドコンセント
4.プラセボが用いられる場合は?
5.プラセボに当たる確率は?
6.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか? 
7.治験終了後にでプラセボかどうか教えてもらえるか?
8.プラセボに関するヘルシンキ宣言の表記

▲Topへ

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ