プラセボは倫理的に問題があるのでは?


実際の患者に対して
「効かない薬」である「プラセボ」を投与することに対して
倫理的に問題があると指摘され、
反対意見が多く見られます。

患者の治療を受ける権利を奪い、
治療機会を奪っている
からです。

少なくとも、
プラセボ投与中は他の治療が受けられないので、
病状が重いような疾患に対しては
病状を悪化させないように、
「プラセボ」の使用は禁止されています。

日本では、その非医療性非倫理性から、
これまでは「プラセボ」は余り使われていませんでした。

医師も、「プラセボ」を使った治験をやりたがらない傾向がありました。

被験者募集が難しくなる(同意率が低下する)ことも
「プラセボ」対照とする治験が採用されない、
大きな理由の1つでした。

患者としては、

何が楽しくてプラセボ(効かない薬)を
投与されなければならないのだ?

という気持ちが沸いて当然です。

「プラセボ」は、医療行為という点においては、
倫理的問題があることは明らかですが、
科学的に意味のある治験を行うには、
必要悪」の存在だと言えるでしょう。

プラセボを使用する治験への参加を患者に呼びかける際は、
プラセボに当たる可能性があることを納得してもらった上で、
被験薬に当たる可能性に賭けて治験に参加してもらえるよう、
十分にインフォームドコンセントを行わなけれなりません。

▲Topへ

 
 
プラセボは倫理的に問題があるのでは?


治験ガイドラインでの見解

ところで、治験のガイドラインなどを読むと、
有効な治療が知られていない病態に対して
新治療の臨床試験が行われる場合
には、
新治療とプラセボを比較する試験に倫理上の問題は生じない
などと書かれています。
(例:臨床試験における対照群の選択とそれに関連する諸問題)

つまり、
計画している試験で調べようとしている病態に
有効な薬があるときに、初めて、
プラセボ対照を使用する場合の倫理上の問題が生じる
というのです。

この論理では、
実薬対照を用いることが可能な場合に
プラセボを用いることを問題にしており、
プラセボを使うこと自体は問題にしていません。

プラセボ対照による比較試験ならば、
科学的に意味のある結果を得られること、
そして、
他に有効な治療が知られていない場合、
比較対照としてはプラセボを用いざるを得ないこと、
は理解できますが、
だからと言って、

もともと他に治療法が無いのだから、
仮に治療効果の無いプラセボに当たったとしても、
くじ運が悪かったとだけだと納得してくれる
倫理上の問題は生じない

と言い切ってしまうところに、傲慢さが感じられます。

同じ疾患に苦しむ患者であるにも関わらず、
治療効果のあるものを投与される人と、
治療効果の無いものを投与される人に
分けること自体が、
医療的に、倫理的に問題あるのです。

▲Topへ


<プラセボFAQ>
 

0.プラセボとは?
1.なぜ、プラセボを使うのか?
2.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
3.プラセボとインフォームドコンセント
4.プラセボが用いられる場合は?
5.プラセボに当たる確率は?
6.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか? 
7.治験終了後にでプラセボかどうか教えてもらえるか?
8.プラセボに関するヘルシンキ宣言の表記

▲Topへ

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ