プラセボが用いられる場合は?

プラセボを対象とした治験及び臨床試験が増えつつありますが、
全ての試験をプラセボ対照にすることができる訳ではありません。

試験の内容、薬の特性によって
「実薬対照」とするか「プラセボ対照」とするかを
使い分ける必要があります。

また、患者の容態が悪い時は、悪化が予想される場合は、
「プラセボ投与」の試験に患者を組み入れることは
絶対に避けなければなりません。

比較対照群として、
プラセボを用いることが妥当であると判断される場合は、
主に、次のような場合であるとされています。

(1)プラセボ効果が高い疾患の場合
  (本当に効いているかどうかを調べるには、
   薬効の無いプラセボ対照とするしかない。)

(2)標準的な治療法・治療薬が存在しない場合。
  →当然、プラセボを使うしかない。

  ※ただし、標準的な治療法・治療薬が存在する場合であっても、
    以下の条件を満たせば、プラセボを使用して良い。     

(3)軽度の疾患で、治療が受けられなくても
   医学的に重大な結果を招かない場合。

(4)プラセボが既存の治療法に上乗せされる場合

(5)必要な場合にのみ有効な併用薬を投与する
   という方法を採用した場合。

(6)症状が悪化した場合には
   試験薬(治験薬あるいはプラセボ)を中止する
   などの制限条項を設けて臨床試験を行う場合。

▲Topへ

 
 


<プラセボFAQ>
 

0.プラセボとは?
1.なぜ、プラセボを使うのか?
2.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
3.プラセボとインフォームドコンセント
4.プラセボが用いられる場合は?
5.プラセボに当たる確率は?
6.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか? 
7.治験終了後にでプラセボかどうか教えてもらえるか?
8.プラセボに関するヘルシンキ宣言の表記

▲Topへ


←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ