プラシーボ効果

薬効成分を含まないプラセボ(偽薬)を
薬だと偽って投与された場合、
患者の病状が良好に向かってしまうような、
治療効果を言います。

プラセボ効果」とも呼びます。

昔から「病は気から。。。」というように、
人の意識、気持ちの持ち方によって、
疾患の治癒に影響が出ることがわかっています。

よく効く薬だ、
開発されたばかりの新薬だ
などと言われれば、誰だって効くような気がしてきます。

実際に、特に「痛み」などの自覚症状が中心の病気では、
半数近くの方が「全く効果のない薬」を服用しても
改善してしまうというデータが得られています。

また、プラシーボ効果は、医師に対しても起こりうる現象で、
医師に対して、これは、
良く効く薬だとか、新薬(あるいは治験薬)だ
と言って治療に使わせれば、

絶対に治るはずだ、効果があるはずだと思い込み、
本来は効果がない「プラセボ」であったとしても、
診療・治療への積極性が高まることで、
患者の病状が良好へと推移してしまう。

また、薬の効果でなくても、
薬の効果だと間違った判断をしてしまう可能性もあります。

こういった、思い込みの効果を無くすために、
二重盲検法(ダブルブラインド法)
という手法が考え出されました。

医者にも患者にも
どちらが、薬効のある「披検薬」で
どちらが、薬効の無い「プラセボ」であるか、
わからないようにして、治験を進める方法です。

<プラセボFAQ>

1.プラセボとは?
2.なぜ、プラセボを使うのか?
3.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
4.プラセボとインフォームドコンセント
5.プラセボが用いられる場合は?
6.プラセボに当たる確率は?
7.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか?

→ プラセボ対照試験
→ ダブルダミー

→ 実薬
→ 治験薬
→ 被験薬
→ 対照薬  
→ 対照

→ 二重盲検法、二重盲検試験 
→ 単盲検試験
→ 非盲検試験
→ 盲検化  
→ ランダム化(無作為化)
→ ランダム化比較試験(RCT)
→ 上乗せ試験

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ