二重盲検法(Double Blind Method)

プラセボによる
プラシーボ効果(思い込み効果)を除去するために、
医者にも患者にも
どちらが、薬効のある「披検薬」で
どちらが、薬効の無い「プラセボ」であるか、
わからないようにして、治験を進める方法。

二重盲検」とは、
各被験者に割り付けられた治療を、
被験者及び
治験実施医師だけでなく、
治験依頼者、
被験者の治療や臨床評価に関係する
治験実施医師のスタッフ
も知らないことを意味します。

また、二重盲検法によって実施される臨床試験を

二重盲検試験あるいは、二重盲検比較試験
(DBT:Double Blind Test、Double Blind Study)

と言います。

二重盲検試験のデザインには

→ 群間比較試験(並行群間比較試験)
→ クロスオーバー比較試験

の2種類があります。

一方、
被験者のみが治験薬の中身を知らない場合を、
単盲検試験(SBT:Single Blind Test)と言います。

→ 単盲検試験
→ 非盲検試験

<プラセボFAQ>

1.プラセボとは?
2.なぜ、プラセボを使うのか?
3.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
4.プラセボとインフォームドコンセント
5.プラセボが用いられる場合は?
6.プラセボに当たる確率は?
7.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか?

▲Top

〈 関連用語 〉

→ プラシーボ効果 
→ プラセボ対照試験
→ ダブルダミー

→ 実薬  
→ 実薬対照試験
→ 治験薬
→ 被験薬
→ 対照薬  
→ 対照

→ 介入試験
→ 盲検化
→ 盲検化レビュー
→ 上乗せ試験
→ 無作為化(ランダム化)
→ 割付け
→ ランダム化比較試験(RCT)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ