ゾロ新

新規の化学構造、治療効果を持つ「ピカ新」に対して、
既存の医薬品の有効成分の化学構造を少し変えただけの
改良型新医薬品」を「ゾロ新」といいます。

ある作用を持つ化合物の基本的な化学構造
が分かっていれば、
その構造を少し変化させることによって、
比較的簡単に新医薬品の候補物質を
見つけ出すことができます。

新しく有用な化学構造を、膨大な時間と人を費やして、
試行錯誤して発見しなければならない、
ピカ新」(ファースト・イン・クラス)に比べて、
「ゾロ新」はより短い開発期間、より少ない研究開発費で
新医薬品を開発することができるので、
非常にリスクの少ない開発方法であると言えるでしょう。

「ピカ新」(ファースト・イン・クラス)ほどではないものの、
既存薬に対して明確な優位性を持つ新薬を、欧米では、
ベスト・イン・クラス(Best-In-Class)
といいます。

ゾロ新は、新たに開発された新薬のうち、
ピカ新(ファースト・イン・クラス)と
ベスト・イン・クラス
を除いたものを指します。

また、ゾロ新は、あくまでも
医薬品の開発方法が改良型である
ことを指しており、
ジェネリックメーカーが特許切れを待って開発した医薬品
「ゾロ(ジェネリック)」のことではありません。

従って、ゾロ新の薬価は
ピカ新とジェネリックの中間に設定されます。

ゾロ新はピカ新を元に(真似して)開発されていますが、
元のピカ新に比べて改良されていることが多いので、
現実には有用な医薬品であると言えます。

(1)ピカ新以上の作用の強さ(効き目)を持っている。

(2)ピカ新にはない効果がある。

(3)副作用がピカ新より少ない。

(4)ピカ新より服薬回数が少ない。(持続性)

現在販売されている薬のほとんどはゾロ新です。

→ ピカ新 
→ 新医薬品(新薬) 
→ 新薬情報/開発中情報リンク集
→ ジェネリック

→ 物質特許  
→ 製法特許

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ