漸増試験

有効性を証明するため
広く用いられている試験デザインで、
目的とする結果が得られるまで、
被検薬の用量を次第に上げていきながら
結果を評価する方法。

何らかの有効性あるいは安全性をエンドポイントとして
実施されます。

途中経過に関わらず強制的に増量する方法
(強制漸増法) と、
プロトロールに従って、
特定の反応が出現するまで増量する方法(任意漸増法)
があります。

一気に、用量を上げるのは、「漸増」とは言いません。

漸増試験は、
時間経過に伴う自然経過によって
症状の改善する傾向
が見られるが、
それと
増量したこと、または
投与期間が長くなったこと
による改善とを
容易には区別できない

という問題点があります。

ちなみに、「漸増」は
「ざんぞう」ではなく、「ぜんぞう」と読むのが正しい。

→ 並行群間比較試験 
→ クロスオーバー比較試験
→ 要因試験 

→ 用量設定試験(用量反応試験)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ