要指示薬
※2005年4月の改正薬事法の施行により、
  「要指示薬」という分類は完全に無くなります。

「要指示医薬品」ともいいます。

医師の処方せんまたは指示がなければ
譲渡(販売)できない医薬品。

有効性と安全性の面から
使用に特別の考慮を払う必要のある医薬品であり、
耐性菌を生じやすい、
重篤な副作用が発現しやすいといった観点から、
専門知識を有しない者により非科学的に使用されないよう、
医師等の処方せん等の無いものに対して
販売してはならないものとして
法律上規定された医薬品

なお、2005年4月の改正薬事法の施行により、
「要指示薬」という分類は無くなり

新たに、「処方せん医薬品」という分類ができました。

→ 処方せん医薬品
→ 添付文書
→ 使用上の注意

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ