薬物動態試験(Pharmacokinetic Study)

薬物がどのように生体内で処理されるのか
を明らかにする試験で、
通常、
血液中(場合によっては尿中又は組織中)の薬物及び
その代謝物の濃度の経時的な測定を伴います。

薬物動態試験により血液中又は他の適切な部位における
薬物の吸収、分布、代謝及び排泄を特徴づけられます。

PK試験とも呼ばれます。

薬力学的試験の手法と組み合わせることにより
(PK/PD試験)、
血中濃度と薬力学的作用の程度及び発現の時間との関係
が特徴づけられます。

通常、健常者を対象とする第1相試験(Phase1)で
実施されます。

→ 薬物動態学(PK、薬動力学)
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学試験 
→ 薬力学(PD) 

→ 臨床薬理試験 

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)
→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ PET(陽電子放射断層撮影法) 
→ MD試験(マイクロドーズ試験)

→ 生物学的同等性試験
→ バイオアベイラビリティ
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ