wash-out期間

治験を開始するに当たり、
それまでに投与していた薬(前治療薬)の影響を
排除するために、治験薬投与前に
休薬期間」(薬を何も投与しない期間)を設ける
事があります。

正確な治験薬の評価を行う上で必要な処置であり、
また、前治療薬と治験薬との相互作用による副作用
を防ぐ意味もあります。

しかし、
患者の疾患の状態から「休薬」が不可能である場合や、
「休薬」=「非治療」
という倫理的な問題から、
ウォッシュアウト期間を設けることができない
場合もあります。

その場合は、治験薬への切り替え後の、
前治療薬の「持ち越し効果」を考慮に入れて、
治験薬の評価をしなければなりません。

また、
前治療薬に上乗せして治験薬を投与する必要がある
場合もあり、その際は、前述のように、
薬の相互作用による副作用に
十分気を付けなければいけません。

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ