割付け(allocation)

あらかじめ決められた規則、ロジックにより、
被験者を複数の群に所属させていくこと、また、その作業。

通常、割付け作業においては、
統計解析に耐えられるよう
つまり、
統計的な偏りができるだけ小さく
なるよう
ランダム化が行われます。

→ 組入れ 
→ ランダム化(無作為化) 

→ バイアス 
→ 偏り 
→ 盲検化
→ 二重盲検法 
→ 単盲検試験
→ 非盲検試験
→ ランダム化比較試験(RCT)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ