ワクチン(vaccine)

病気を引き起こす能力はないが、
抗体を作る能力はあるウイルスのこと。

病原ウイルスに感染する前に、あらかじめ、
ワクチンを注射しておくことにより、
体に中和抗体ができるので、
それ以降、病原ウイルスが体内に侵入してきても、
ウイルスが増えることは出来ず、
病気の症状も起きません。

→ 抗原
→ 抗体 
→ 免疫
→ 抗体医薬 
→ ターゲット療法

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ