特定機能病院

ベッド数500以上を持ち、
高度の医療を提供できる病院で
厚生労働大臣が認可する。

同時に、
高度の医療技術の開発やその評価、
高度医療に関する研修と
それにふさわしい人員・設備・医療機器
を持つことが条件である。

一般の病院や診療所を訪れる患者の90%は、
コモン・ディジーズ(ごく普通の病気)
であると言われています。
これらの「軽度」の患者が、
高度の設備・医療機器を備える大学病院などに殺到すると、
本当に重症で、高度な医療を必要とする
残り10%の患者の治療が出来なくなってしまいます。
また、せっかく莫大な投資をしてそろえた医療設備も
遊ばせてしまうことになります。

これでは、本末転倒なので、
高度医療が必要な患者にこそ、
高度な設備・医療機器を備えた医療機関で
治療を受けてもらう為に、
紹介制」という制度が導入されました。

紹介制とは、
一般の病院や診療所にかかった患者の内、
高度の医療を受けたほうが良いと診断された人を
特定機能病院に紹介する
というものです。

なお、特定機能病院としては、
主に大学病院や、国立の専門センター
(例えば、国立癌センター、国立循環器病センターなど)
が指定されています。

医療設備、スタッフが充実しているので、
当然、治験もよく行われる医療機関である場合が多い。

→ 病院 
→ 診療所 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ