(医薬品の)適正使用

「くすり」を逆に読むと「リスク」となります。

医薬品には有効性によるベネフィット(効果、利益)
が期待される反面、
有害事象や副作用が発生するリスクが伴います。

良く効くくすりほど、副作用も出やすいのが一般的で、
大量に投与すれするほど副作用の発生率が高まります。

だからといって、投与量が少なすぎると、
効き目が減り、疾患は治りにくくなります。

つまり、最適な投与量(用量)、投与方法(用法)で
くすりを用いることで、初めてリスクを最小化し、
ベネフィットを最大化することができるのです。

このように、正しくくすりを使うこと
(医薬品の)適正使用」 と言います。

--------------------------------------

適正使用の定義:

的確な診断に基づき、
患者の状態にかなった
最適の薬剤・剤形、
適切な用法・用量
が検討された上で、
処方が決定され、
これに基づき調剤されること。
さらに、
薬剤についての説明が患者に十分理解され、
正確に服用された後、
その効果や副作用が評価されて、
次の処方にフィードバックされること
という一連のサイクル 。

→ 適正使用情報
→ 医薬情報担当者(MR)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ