ターゲット療法(targeted therapy)

体の正常部分には作用せず
治療を必要とする部位にのみ、
治療に必要なだけの量の薬剤を送り込む
ことを目的にした治療法。

例えば、抗がん剤のように、
他の細胞も殺してしまうような、作用の強い薬剤において、
患部(癌細胞)だけに輸送され、
患部(癌細胞)だけを攻撃する
ような性質を薬剤に持たせることにより、
正常細胞破壊による副作用を防ぐことができ、
また、高い治療効果が期待できます。

そのピンポイント的な治療法から、
ミサイル療法」とも呼ばれます。

ドラッグデリバリーシステム(DDS)は、
ターゲット療法を可能にする代表的な技術の一つです。

→ ドラッグデリバリーシステム(DDS)
→ プロドラッグ 
→ 徐放性製剤
→ ナノテクノロジー
→ 製剤

また、モノクロナール抗体を利用して、
目的とする抗原に対して薬剤を送り込む医薬品、
抗体医薬」もターゲット療法の1つだと言えます。

→ 抗体医薬 
→ 抗体
→ 抗原
→ ワクチン
→ 免疫

→ 分子標的治療薬

▲Top

→ バイオアベイラビリティ 
→ 薬物動態試験(PK試験)
 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学) 
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験) 

→ 臨床薬理試験 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)
→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 
治療薬物モニタリング(TDM)
 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ 生物学的同等性試験
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 臨床薬理試験 

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ