スイッチOTC(Switch OTC)

既に承認・販売されている医療用医薬品のうち、
副作用が少なく安全性の高いもの(有効成分)を
大衆薬(一般用医薬品:OTC)として
転用スイッチ)したもの。

スイッチOTC薬(Switch OTC Drug)
と呼ぶ場合も有ります。

最初から大衆薬として企画・商品化された医薬品よりも、
効き目が強い
のが特徴です。

一般の人にとっては、
従来の普通の大衆薬より効き目のある医薬品を
薬局等で入手できるようになる

というメリットがありますが、

政府にとっては、
医療費(薬剤費)の削減になる為、
奨励する方向にあります。

製薬メーカーにとっては、
大衆薬として販売することによって
売上げ増加を期待できる

というメリットがあります。

しかし、スイッチOTC薬も、元々は
効果が強い代わりに副作用も強い医療用医薬品。
安全性を確保する為には、適正に使用(服用)してもらう
必要があります。

そこで、スイッチOTCが承認される際、
情報提供の方法
広告宣伝方法
販売方法
に関して、
通常のOTCよりも厳しい条件が付加されています。

また、安全性上の問題から、
国内で承認されたスイッチOTCの多くは外用薬であり、
内服薬は余り進んでいない
という現実があります。

▲Topへ

スイッチOTCの例

スイッチOTCで有名なものとしては、
俳優の西村雅彦のCMで有名になった
胃腸薬 「ガスター10」(山之内製薬)」。
(1997年7月大衆薬として認可。9月より販売開始)

CMでは
「用法・用量を守って服用して下さい。」
「使用上の注意を良く読んでからお飲み下さい」
と耳にタコができる位、繰り返していますが、
これは、
スイッチOTCの誤服用による問題発生を恐れた当局が、
CMでこれらを説明することを、条件にしたからです。

その為、とても早口でせわしないCMとなっています。

→ ダイレクトOTC

→ OTC(一般用医薬品、大衆薬)
→ 医薬部外品 

→ 薬物 
→ 医薬品
→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ セルフメディケーション

→ トクホ(特定保険用食品)
→ 条件付トクホ(条件付特定保険用食品)
→ 健康食品 
→ トクホ臨床試験受託企業リンク集
→(財)日本健康・栄養食品協会

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ