ステイクホルダー(stakeholder)

日本語に訳すと「利害関係者」と言います。

ビジネス、行政活動、サービス、ボランティアなど、
様々な分野における
企業、公的機関、その他団体などの活動に対して、
何らかの利害関係を持つ人・集団・組織を
ステイクホルダー と呼びます。

もともと、ステイクホルダーには、
賭け金の管理者投資家
という意味があります。

ただ、「利害」や「利益」という言葉は余りにも生々しいので、
医療関係や官公庁・お役所、大企業を中心に、
英語の「ステイクホルダー」 という言葉が
最近好まれて、使われるようになってきました。
官公庁の横文字好きがここにも現れています。

ある意味、全ての人がステイクホルダーな訳ですが、
それではきりが無いので、どこかで線引きが必要です。

ステイクホルダーを定義することは、
利害関係者をカテゴライズし、
それぞれのカテゴリーに対して
最適な活動・戦略・方針・対応策などを決定すること
だと言えるでしょう。

ステイクホルダー(利害関係者)の定義は、
活動者の主観、理念、方針(主義)によって異なります。

本来、ステイクホルダーは、
活動者が組織等を設立した後に定義するものではなく、
むしろ、まず最初に定義するものです。

自分の活動のステイクホルダーを定義し

(誰に対するサービスであるか、
 誰が利害関係を持つサービスであるか
 を定義し)、

それによって活動内容の詳細が
具体的に決定付けられるのです。

ちなみに、
ステーキホルダー(steak holder)とは、
全く関係ありません。(゚∀゚;)☆中_(-- ) ピコンッ

▲Top

治験及び臨床試験のステイクホルダー

治験ナビでは、
治験及び臨床試験のステイクホルダーとして、
次の人・集団・組織を考えています。

被験者(患者、あるいは、健常者)
○ 患者(治験参加の可能性のある方)
○ 患者会

○ 治験実施施設の治験スタッフ
  (治験担当医師、CRC、治験事務局スタッフ等)    
○ 治験実施施設のスタッフ
  (医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、
  放射線技師、事務職員、その他スタッフ)

○ 製薬メーカー 、製薬業界団体(製薬協、大薬協など)
○ バイオベンチャー
○ 医療機器メーカー
○ 臨床検査会社

○ 治験責任医師
○ 大学研究者・大学病院医師

CRO(医薬品開発受託機関)
SMO(臨床試験支援機関)、CRC
その他臨床試験支援企業

○ 行政機関(厚生労働省、文部省)
審査機関(医薬品医療機器総合機構)

○ 医療・薬学系教育機関
○ 保険会社(治験保険、医師保険、個人情報保険)

○ 医学論文雑誌
○ 薬学系・医学系学会
○ マスメディア(新聞、テレビ、雑誌、出版社等)

○ ボランティア
○ 人権団体

▲Top

医療分野におけるステイクホルダー

治験・臨床試験と若干似ていますが、

○ 患者
○ 患者会
○ ボランティア
○ 人権団体

○ 医療機関のスタッフ
  (医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、
  放射線技師、事務職員、その他スタッフ)

薬局、調剤薬局、ドラッグストア
○ 製薬メーカー
製薬卸
○ 医療機器メーカー
○ 臨床検査会社
○ その他医療関連企業

○ 行政機関(厚生労働省等)
○ 医療系教育機関

健保組合
保険会社(医療保険、生命保険、
         医師保険、個人情報保険 )

病院コンサルタント
○ 医学論文雑誌
○ 医学系・薬学系学会
○ マスメディア(新聞、テレビ、雑誌、出版社等)

です。

▲Top

一般企業のステイクホルダー

一般企業というふうに一般化すると、
ステイクホルダーは次のように非常に単純化されます。

○ 投資家
○ 取引先
○ 消費者
○ 市民
○ 行政、規制当局
○ マスメディア(新聞、テレビ、雑誌、出版社等)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ