SNPs(Single Nucleotide Polymorphism:スニップ)

1塩基多型を略した語。

DNAの塩基配列は、
同じヒトであっても個人によって僅かずつ異なっている
ことがわかっています。

この違いは、全ゲノム中の約1%、
数にすれば、数百万箇所あるとされています。

こういった遺伝子の相違の中で最も頻繁に見られるのが、
塩基配列のある箇所で
A-TとG-Cの塩基ペアが1箇所だけ置き換わっている
場合であり、
これを、SNP(1塩基多型)といい、
それがたくさんあるので、その複数形として、
SNPs(1塩基多型)となります。

病気の罹りやすさ、
薬の効きやすさ、
副作用の出やすさ
などが個人で異なることもSNPに関連すると
考えられています。

したがって、ゲノム創薬においても、SNPは、
重要視されている研究テーマの一つとなっています。

→ バイオインフォマティクス
→ ポストゲノム 
→ 遺伝子

→ ゲノム創薬 
→ プロテオーム創薬
→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)

→ リード化合物 
→ ランダムスクリーニング、ヒット化合物 
→ ターゲット・オリエンテッド・スクリーニング
→ コンビナトリアル・ケミストリー 
→ ハイスループット・スクリーニング 
→ ドラッグデザイン 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ