先発品、先発医薬品( )

従来に無い新しい薬効成分を持つとして、
承認された医薬品のこと。

先発品の特許切れ後に出てくる後発品
に対する言葉です。

先発品の開発費用が、
150〜200億円もかかるのに対して、
後発品の開発費用は、
わずか数千万円であると言われています。

いかに、先発品メーカーの負担とリスクが大きいかが、
この金額からもわかります。

先発品メーカーは、
特許が切れるまでに(後発品が出てくるまでに)
いかに短期間で売上を最大に持って行き、
長期間高い売り上げを維持するかが重要です。

過去に投資した莫大な研究開発コストの回収と、
次の新規化合物の研究開発費の確保
をしなければならないからです。

先発品は、
新規性、有用性が高ければ高い薬価がつくので、
市場ニーズに合致して売れた場合の利益は、
後発品に比べてはるかに大きいのです。

たった1つの医薬品でも
ブロックバスターと呼ばれるヒット商品になれば、
その製薬メーカーの売り上げランキングと企業力は
一躍アップするので、

先発品は「ハイリスク、ハイリターン」の商品

と言えるでしょう。

→ 後発医薬品(後発品)

→ 物質特許  
→ 製法特許
→ (医薬品の)特許期間 
→ バイオ関連の特許(参考ページ)
→ 医薬品のライフサイクル
→ 医薬品のライフサイクルマネジメント
→ 製品のライフサイクルマネジメント

→ 薬価/薬価制度
→ 薬剤経済学(ファーマコエコノミクス)

→ 医療経済学(メディカルエコノミクス)
→ 薬剤比率
→ 医薬品フォーミュラリ

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ