線形性(Linearity)

薬物動態に関する速度
(例えば、吸収速度、代謝速度など)が
投与量に比例する場合
線形性があるという。
また、広義には
全ての薬物動態に関する速度過程が線形である場合、
体内動態に線形性があるという。

このとき、
血中濃度、AUC、Cmaxなどは投与量に比例する。
即ち、
横軸に投与量、
縦軸にこれらの薬物動態パラメータ値をとり、
これらの関係をプロットしたとき、
回帰線は原点を通る直線となる。

また、速度に関する薬物動態パラメータ
(例えば、クリアランス、半減期、MRTなど)
投与量によらず一定となる。

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)

→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ 生物学的同等性試験
→ バイオアベイラビリティ
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 薬物動態試験(PK試験) 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学) 
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験) 

→ 臨床薬理試験 

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ