セルフメディケーション(self-medication)

個人が、自己責任の下に、
身近に入手できる
健康や医療に関する商品・情報・知識を駆使して、
健康を維持・増進したり、
疾病を予防したり、
軽い病気であれば
自分で治療すること。

WHOによる定義では、
自分自身の健康に責任を持ち、
 軽度な身体の不調
(minor ailments)
 自分で手当てすること
とされています。

日本薬剤師会の一般用医薬品委員会による、
セルフメディケーションの定義(2003.11)によると、

自己の健康管理のため
 医薬品等を自分の意思で使用すること。」

また、
セルフメディケーションに対する薬剤師の関わりについて、

「薬剤師は
 生活者に対し、医薬品等について情報を提供し、
 アドバイスする役割を担う」
と定義しています。

-------------------------------------------------

生活の視点から、
「仕事等で病院へ頻繁に行くことができない人が、
 自ら普段から行う健康管理のこと」
と説明している場合もあります。

要するに、
自分の健康は自分で守る(管理・予防)
自分の病気は自分で治す(治療)
ということです。

医師・医療機関による治療・処方薬のみに頼らず
身近に入手できる
健康や医療に関する商品・情報・知識を駆使して、
軽い病気や怪我の手当てを自分の判断で行います。

具体的には、

(1) 薬

  薬局で購入できる大衆薬(一般用医薬品)、
  医薬部外品、
  漢方

(2) 食品

   トクホ(特定保健用食品)、
  サプリメント(栄養機能食品)、
  その他の健康食品
  その他健康に良いと言われる食品など

(3) 代替医療

  ツボ・指圧・灸・鍼などの東洋医学
  ハーブ、
  アロマテラピー
  リフレクソロジー
  温泉療法など

(4) 運動

  フィットネス(ジョギング・サイクリング等)
  健康器具
  スポーツ競技など

によって
総合的に自分の健康を自己管理する
ことを指します。

例えば、
腹痛、下痢、頭痛、二日酔いで
薬局で買ってきた薬を飲むのは、
セルフメディケーションの基本と言えるでしょう。

普段から健康管理に心がけることで、
未然に疾病を防ぐことができれば、
疾患を悪化させずにすめば、
医療費の負担が減るだけでなく、
長生きできる、QOLが高まるなど、
個人及び家族の幸福につながります。

厚生労働省としては、
国民医療費の抑制対策として、
セルフメディケーションを推進しています。

また、大衆薬メーカーや薬局・ドラッグストアも、
これを売り上げアップの好機と捉え、
普段からの健康管理・疾病予防を啓発するため、
イベントや広告などで盛んにアピールしています。

→ OTC(一般用医薬品、大衆薬)
→ スイッチOTC 
→ ダイレクトOTC
→ 医薬部外品

→ トクホ(特定保険用食品)
→ 条件付トクホ(条件付特定保険用食品)
→ 健康食品 
→ トクホ臨床試験受託企業リンク集
→(財)日本健康・栄養食品協会

→ 薬物
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

▲Top

セルフメディケーションの注意点・限界

なお、注意しなければならないのは、
セルフメディケーションは、
あくまでも「自己判断」と「自己責任」において行うもの
だということです。

知識・判断力が足りなかったり、
間違った知識を得た場合、
重大な疾病を見落としたり、
間違った治療を受け、症状を悪化させてしまう
ことも十分予想されます。

重病や重い怪我は、
セルフメディケーションの対象ではありません。

セルフメディケーションには限界があることを
常に認識しておく必要があります。

最近、薬局では、
セルフメディケーションを積極的にサポートする為、
店員教育や資格制度を実施しています。
身近で信用できるかかりつけ薬局を見つけておくと、
セルフメディケーションを効果的に実践できるでしょう。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ