生物学的同等性試験
(Bioequivalence Study)

既に新医薬品として承認された医薬品と
生物学的に同等であることを証明する為に
実施する試験。

BE試験 と呼ぶこともあります。

試験の主旨に同意した健常人(20人程度)に対して
先発品と後製品を常用量投与し
血中濃度の推移を比較
することにより、
先発品との同等性を証明します。

具体的にはジェネリックメーカーが個別に測定した
標準製剤(先発品)のAUCと、
新たに申請するジェネリックのAUCを
比較して格差が無いことを示します。

同じ薬効成分を同量含む製剤であっても、
製造元によって不活性成分(薬効成分以外の添加物)の
種類や組成が異なったり、
製剤のコーティング物質やコーティング方法が異なる為、
製剤から薬効成分が溶け出す速度が一致しない場合
があります。
そのわずかの差によって、
薬物のバイオアベイラビリティ、吸収パターン、
すなわち、効き方(効き目)が違ってくるのです。

従って、後発品(ジェネリック)を当局に申請する際には
先発品と同等の作用を持つことを証明するデータが
必要とされ、生物学的同等性試験
それを得るために行う試験の1つなのです。

生物学的同等性試験は、
先発品と後発品のバイオアベイラビリティの一致を
確認する為の試験
と言えます。

なお、後発品申請の際に、
他に必要な試験として、溶出試験があります。

後発品申請以外では、
「含量違いの製剤」を同時に申請したい場合や、
開発中に「製剤の処方を変更」した場合に
実施されます。

生物学的同等性試験は、通常、
健常人を対象クロスオーバー法で行います。
対象人数は10名から20名程度。
血中濃度の推移(AUCや血中濃度曲線)で
信頼区間の範囲内であれば良いとされます。

薬の吸収パターンが同じであることを証明すれば、
薬の効き目が同じである、
すなわち、
治療効果の同等性科学的に保証される
という原理(前提)があるからです。

先発品では、
動物実験から第T相〜V相の治験によって
成分による安全性と効果を確かめられている為、
後発品では、生物学的同等性試験と溶出試験のような
小規模の試験で
医薬品としての承認を得ることができるのです。

後発品(ジェネリック)は、、
先発品によって
安全性及び効果が確かめられていることから、
臨床試験を簡略化でき、
開発中止というリスクも無いので、
開発費がかからず、
安価な値段で販売できるのです。

もちろん、ジェネリックは先発品の特許が切れなければ
製造販売することができないので、
それまで、じっと待たなければなりませんが。。。

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)
→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ 生物学的同等性試験
→ 同等性試験

→ バイオアベイラビリティ
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 薬物動態試験(PK試験) 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学) 
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験) 

→ 臨床薬理試験 

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学

後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン (1997/12/.22)   英語版:( pdf file | html file )

後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドラインに関する質疑応答集(Q&A) (1998/10/30)  

▲Top

ジェネリックの生物学的同等性について

2004年3月26日の日刊薬業によると、
プラバスタチン(高脂血症薬)の
後発医薬品の生物学的同等性試験結果を基に
各製剤の同等性評価を実施したところ、
各後発医薬品の成分や含量が同じにもかかわらず、
体内に取り込まれた薬の量を示す指標である、
血中濃度-時間曲線下面積(AUC)において、
3倍以上のばらつきが認められたそうです。
(福井大医学部附属病院薬剤部
        中村敏明主任らの研究報告)

つまり、後発品メーカー各社は、
申請時に生物学的同等性試験を実施して、
オリジナルの先発品と同等であることを証明はしたが、
それら後発品を製剤間で比較すると、
かなりのばらつきが存在するということです。

これだけのばらつきが生じた原因として、
(1)被験者が異なる
(2)製剤技術が異なる
ことが考えられます。

この研究報告によって、
医師がジェネリックの品質に懸念を抱く根拠として、
データとして裏づけらたことになり、
後発品メーカーは、
懸念を払拭するような対策が必要でしょう。

→ ジェネリック(後発品)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ