差額ベッド代

個室4人部屋以下の病室
(正式には、特別療養環境室という。略して、特別室)
に入院する場合、
健康保険の適用される入院費とは別に請求される、
健康保険の適用されない100%自己負担の特別料金

差額ベッドとは、
比較的ゆったりした4人以下の病室
(1人当たり6.4平方メートル以上)で、
プライバシー確保のための設備などを備えた病床のこと。

差額ベッド代は、差額ベッドに入院した場合に請求されます。

上記定義により、
6人部屋以上の病室の場合、
差額ベッド代は発生しません。

1人当たりの病室の面積が6.4平方メートル未満であれば、例え、ベッド数が4以下であっても、
差額ベッド代は発生しません。

特に、重要なのは、差額ベッド代は、
患者の希望で差額ベッドの病室に入院した場合にのみ
請求できる費用である点。

差額ベッド以外、ベッドが空いていない
といった医療機関側の都合による場合は、
差額ベッド代は請求できないのです。

また、救急患者や手術後など、
治療上の必要から個室での療養が必要な場合は
請求できません。

さらに、同意書による患者の同意が無ければ、
差額ベッド代は請求できません。
患者が知らないうちに差額ベッドの病室に入院させられ、
差額ベッド代を請求されることはあってはならないのです。

今や、差額ベッド代は、
医療機関にとって重要な収入源であり、
個室や少人数の病室は増える一方です。

中には、 まるでリゾートホテルのような豪華な内装の個室
を売りにしている病院さえあります。

→ 「ブランド病院」こんなにかかる「差額ベッド」(読売新聞)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ