ランダムスクリーニング(Random Screening)

新薬開発において、リード化合物を見つけるために、
ある病気にターゲットを定めて、
疾患細胞・組織にいくつもの化合物や天然の物質を
手当たり次第に作用させることにより、
人体に効果(薬効)がありそうな物質を探す方法
が一般的です。
つまり、偶然に頼る方法です。
このような探索法をランダムスクリーニングといいます。

なぜ効くのかはわからないが、
とりあえず、効果がある物質を探す方法です。
なお、見つけられた物質を「ヒット化合物」といいます。

その後、ヒット化合物は、それがなぜ効くのか分析され、
さらに効果が高く、かつ安全性が高くなるように、
手が加えられて行き、最終的に医薬品候補となるのです。

ちなみに、ランダムスクリーニングによって
新規なヒット化合物を発見する確率は0.1%以下、
さらにこれらの中から真のリード化合物となるのは
その5%以下と言われています。

→ リード化合物 
→ ターゲット・オリエンテッド・スクリーニング
→ コンビナトリアル・ケミストリー 
→ ハイスループット・スクリーニング 
→ ドラッグデザイン 

→ ゲノム創薬 
→ プロテオーム創薬
→ バイオインフォマティクス 
→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ) 
→ 遺伝子

→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ