前向きコホート研究(prospective cohort study)

単に、
前向き研究(prospective study)
「プロスペクティブ・スタディ」
と呼ばれることもあります。

最初に健康な人の生活習慣(喫煙・飲酒・食生活)など
を調査し、
この集団を「前向き」、
つまり未来に向かって追跡調査して、
後から発生する疾病を確認する研究手法です。

研究の手順は、次のとおりです。

1.まず、多数の健康人の集団を対象として、
  疾病の原因となる可能性のある要因
  (喫煙・飲酒・食生活・血液データなど)を調査します。

2.次に、この集団を追跡調査して、
  疾病にかかった者を確認します。

3.最初に調査した要因と、
  その後の疾病の発生との因果関係を分析します。

前向きコホート研究の例として、
例えば、
血清コレステロール値と心筋梗塞発生との関連
喫煙と肺がん発生の関連
などの調査があります。

前向きコホート研究は、
多人数の集団(数万から数十万人)を
長期間(5−20年)にわたって
追跡調査しなければならないため、
多大な手間と費用がかかります。

 
過去
現在
未来
前向きコホート研究  
要因分類
観察開始

観察
後ろ向きコホート研究
記録調査
要因分類

観察開始

観察
症例対照研究
ケースコントロールスタディ
(後ろ向き研究)

記録調査
要因分類
調査開始
 

→ 後ろ向きコホート研究 

→ コホート研究 
→ 大規模介入試験

→ 後ろ向き研究(レトロスペクティブ・スタディ)
→ 症例対照研究(ケースコントロール・スタディ)

→ 疫学 
→ 薬剤疫学
→ 臨床疫学
→ 疫学研究
→ 疫学的調査
→ EBM (Evidence Based Medicine) 

→ バイアス 
→ 無作為化

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ