医療用医薬品プロモーションコード(PR:Promotion Code)

通常、略して、プロモーションコードといいます。

製薬企業が医師に対して行う、
自社の医療用医薬品に関する
情報の提供、収集、伝達活動
(これらを総称して、プロモーション活動という)
において、
当然やらなければいけない義務」と、
自ら守らなければならない節度」のあり方を
自主基準(自主規制)として条文化し、
その行動基準を示したもの。

製薬企業の営業部門、特にMR(医薬情報担当者)は、
常にプロモーションコードを念頭においた営業活動
を展開しています。

▲Top

プロモーションコード制定の経緯

MRは自社製品を中心とした医薬情報
(有効性情報、安全性情報等処方に関する様々な情報)
を医師に迅速かつ適切に伝えることによって、
医薬品の適性処方をサポートする職種です。

医療機関との価格の交渉権も無いので、
本来であれば営業活動とは無縁のはずなのですが、
一方で、上司からはノルマを与えられ、
暗に売り上げを要求されるのが現実なのです。
その為、医師に対して過剰な接待・贈答などで、
売り上げアップを図る不埒(ふらち)なMRは、
少なからず存在します。

しかし、MRを含め製薬企業の社員は、
薬という人の命を扱う製品(生命関連製品)を扱う為、
高い倫理性が要求されます。

日々の営業活動を律する自主規制が必要となり、
1993年、日本製薬工業協会によって、
「プロモーションコード」が作成されました。

世界的なプロモーションコードである、
IFPMA(国際製薬団体連合会)の
医薬品マーケティングコードと整合性をとっています。

利益」より「倫理」。
これが、プロモーションコードの理念です。

   → 医療用医薬品プロモーションコード(日本製薬工業協会)

→ MR(医薬情報担当者) 

→ 副作用報告制度
→ 緊急安全性情報 
→ 使用上の注意
→ 医薬品副作用被害救済制度

→ 重篤な副作用 
→ 予測できない副作用 
→ 副作用 
→ 医薬品の投与と副作用
→ 副作用は悪者か?
→ 主作用

→ 重篤な有害事象 
→ 有害事象 
→ 医薬品販売業務受託機関(CSO) 

▲Top

医師への接待、贈答、買収はなぜいけないのか?

医師による医薬品の適性使用を妨げる恐れがある
からです。
それは同時に、
患者の治療が適切に行われないことを意味します。

また、これらの行為によって、
製薬業界全体のイメージが低下することを防止する
目的もあります。

▲Top

プロモーションコードより抜粋

7.講演会等の実施
  会員会社が医療担当者を対象に行う製品に関する講演会等は、
  出席者に専門的情報を提供する学術的なものとする。
  なお、講演会等に付随しての
  懇親行事や贈呈品を提供する場合には
  華美にわたらぬようにし、
  また、製薬企業の品位を汚さないものとする。

8.物品の提供
  会員会社は、
  医薬品の適正使用に影響を与えるおそれのある物品や、
  医薬品の品位を汚すような物品を医療担当者等に提供しない。

9.金銭類の提供
  会員会社は、直接であれ間接であれ、
  医薬品の適正使用に影響を与えるおそれのある金銭類
  を医療機関等に提供しない。
  会員会社が医療機関等に提供できる金銭類であっても、
  社会通念を超えて過大とならないよう留意する。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ