プロドラッグ(Prodrug)

体内で代謝されてから作用を及ぼすタイプの薬

注射、服用、塗布等の方法により投与された薬物は、
目標となる部位に至る途中で、
消化管などから吸収・分解され、
最終的に患部に届く量(濃度)は、
かなり少なくなってしまいます。

そこで消化管からの吸収を避ける為、
あらかじめ、別の物質に化学構造を変えておき、
体内あるいは目標部位に到達してから
元の化合物に戻り、薬効効果を発揮(活性化)するように、
薬剤を設計しておく方法があります。

このように科学的に修飾されたくすりを
プロドラッグ」と呼びます。

例えば、
抗癌剤として期待されている「高分子プロドラッグ」は、
薬物が可溶性の高分子と結合している構造で、
通常の体内では毒性も活性も示さない。
しかし、患部である癌細胞に到達すると、
高分子の結合が切れ、
薬物の活性が復活し、癌細胞を攻撃する。
ここでは、
高分子化合物は、癌組織周辺に集まりやすい
という性質を利用している。

→ ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)
→ ターゲット療法 

→ 徐放性製剤
→ ナノテクノロジー
→ 製剤
→ 初回通過効果

▲Top

→ バイオアベイラビリティ 
→ 薬物動態試験(PK試験)
 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学) 
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験) 

→ 臨床薬理試験 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)
→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 
治療薬物モニタリング(TDM)
 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ 生物学的同等性試験
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 臨床薬理試験 

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ