PROBE法
(Prospective,Randomized,Open,Blinded-Endopoint design)

試験デザインの1つで、

前向きProspective)
無作為Randomized)
オープンOpen)
エンドポイントブラインドBlinded-Endopoint)

で行う試験方法です。

この「PROBE法」で実施される試験を
PROBE試験」と言います。

「PROBE試験」は、
前向き無作為オープン結果遮蔽試験
と呼ばれることもあります。

PROBE法は、
高血圧の大規模臨床試験で
初めて提唱された試験デザインで

前向き(プロスペクティブ)、
無作為化(ランダム化)、
オープン(非盲検)
で試験が実施され、

エンドポイントの評価を、
被験者がいずれの群に割り付けられたかを知らない
第三者が行うことにより盲検化する
のが特徴です。

大規模臨床試験においては、
二重盲検試験を導入することには困難が伴う為、
結局オープン試験が実施される場合が多いのですが、
オープン試験には、
被験者がいずれの群に割り付けられたかを
評価者が知ってしまう為、
結果(エンドポイント)の評価にバイアスがかかる
可能性がある

という欠点があります。

そこで、
このオープン試験の欠点を解消し、
試験の精度を高める方法として
「PROBE法」が提唱されたのです。


→ 介入試験
→ 盲検化

→ 無作為化(ランダム化)
→ ランダム化比較試験(RCT)
→ 二重盲検法、二重盲検比較試験 
→ オープン試験、非盲検試験
→ エンドポイント

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ