(医薬品の)個人輸入(Private Import)

海外では既に市販され、実績を上げている医薬品
であっても、
国内での販売が承認されていない医薬品は、
たくさん存在します。

例えば、癌領域や難病などです。

未承認医薬品であっても、
一定量に限り、
医師や患者が個人的に輸入(個人輸入)、
あるいは、海外から持ち帰って(一種の個人輸入)、
使用することが認められています。

個人輸入された医薬品は、
患者による自己責任による服用
または、
医師の個人的な責任の下での治療
として使われます。

もちろん、保険は適用されないので、
全て患者の自己負担となりますが、
治療を優先する為によく使われます。

なお、個人輸入した医薬品は、
他人への販売・授与はできません

また、癌や難病治療薬に限らず、
ED治療薬(バイアグラなど)、
脱毛症治療薬、
肥満症治療薬
のような生活改善薬を、
インターネット時代を反映して、
患者が直接海外より購入する場合もあります。

本来は、医師の処方箋が必要な薬であるのに、
患者が個人輸入して勝手に服用することにより、
副作用の危険度が高まります。

その為、
医薬品の個人輸入による健康被害を防ぐために、
バイアグラのように、
海外で承認されてから時間をおかずに、
国内で承認される場合も増えています。

個人輸入については、
癌治療等で個人輸入されているサリドマイド
(国内で薬害被害を起こし発売禁止された)
が最近話題になりました。

サリドマイド薬剤の医師の管理が不十分だと、
間違って妊娠女性が服用して、
四肢奇形など重度の先天異常や胎児死亡を引き起こす
可能性が予想されるからです。

▲Top

医薬品や化粧品などの個人輸入の制限

1.医薬品又は医薬部外品・・・・・・・・・・2ヶ月分以内

  ・ ただし、毒薬、劇薬及び処方せん薬は1ヶ月分以内
  ・ 外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬は除く)は1品目24個以内

※ 医薬部外品・・・養毛剤、浴用剤など人体への作用が緩やかなもの
※ 処方せん薬・・・・使用に当たって処方せんの交付が必要な医薬品
※ 外用剤・・・・・軟膏、点眼剤など

2.化粧品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1品目24個以内

3.医療機器・・・・・・・・・・・・・・・・・・1セット(家庭用のみ)

  ・電気マッサージ器などのうち家庭用のものに限る

→ 医薬品や化粧品などの個人輸入について
  (平成16年4月1日)
  <厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課>

→ 個人輸入した未承認医薬品等の服用後に発生した
  健康被害事例について
(平成14年7月12日)
   <厚生労働省医薬局 監視指導・麻薬対策課 >

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ