ポストゲノム(post genome)

読んで字の通り、「ゲノム解読の次の段階」のことで、
ゲノム情報を活用した応用研究のことを指します。

2000年6月、ついに、
米・日・欧を巻き込んだヒトゲノム・プロジェクトが
ヒトの全遺伝子の塩基配列(ヒトゲノム)の解読を完了しました。

90年代初めから世界レベルで行われたこの解析作業は、
この時点で一つの区切りとなり、
次のステップとして、
ゲノム情報を活用した応用研究(ポストゲノム)
の段階に入りました。

バイオインフォマティクス、
プロテオーム解析などを活用したゲノム創薬の取り組みも
その一つと言えます.。

→ プロテオーム創薬

→ バイオインフォマティクス
→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ)
→ 遺伝子

→ ゲノム創薬 
→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)

→ リード化合物 
→ ランダムスクリーニング、ヒット化合物 
→ ターゲット・オリエンテッド・スクリーニング
→ コンビナトリアル・ケミストリー 
→ ハイスループット・スクリーニング 
→ ドラッグデザイン 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ