製品のライフサイクルとは?

一般に、
製品のライフサイクルと言う場合、
製品が発売開始されてから製造中止までの販売推移
を指します。

より、具体的には、
横軸を時間、
縦軸を当該製品全体の売上額として、
その期間の売り上げ推移曲線の描く形
だとも説明できます。

新製品が発売開始(誕生)してから製造中止(死亡)までの
販売推移グラフは、
人が生まれてから死ぬまでの活動エネルギー推移
と同じような形をした曲線を描く為、
製品の「ライフサイクル曲線」と呼ぶことができます。

一般消費財のマーケティングでは、

導入期(市場開発期)
  ↓
成長期
  ↓
成熟期
  ↓
衰退期

のように、
ライフサイクルを4つの時期に分けて、
各時期ごとに最適な販売・広告戦略を考える手法
がよく使われます。

ライフサイクル曲線は、通常「S字カーブ」を描きます。

導入期には横ばいに近い推移を示す。
成長期になるとカーブが大きく上向く。
成熟期に入ると緩慢な上昇カーブを描く。
衰退期に入ると急激な下りカーブとなる。

実際は、このカーブの勾配は、
製品のカテゴリーによって異なってきます。
いわゆる、流行商品の勾配はきつく、
また、そのライフサイクルは非常に短いものです。

通常、発売された新製品のうち、
圧倒的多数の商品は市場導入期に消滅します。
成熟期まで生き残れた商品はヒット商品と言えるでしょう。

▲Top

製品のライフサイクル・マネジメント
   (PLM:Product Lifecycle Management)

プロダクト・ライフサイクル・マネジメント」または、
略して、PLM とも呼ばれます。

現在の消費マーケットにおいては、
消費者の好みは日々刻々と多様化し、
移り変わり、より高度化していく為、
製品の寿命が以前と比べて非常に短くなってきています。

このような顧客(消費者)のニーズに対して、
最適な製品(顧客ニーズに合った製品)を
迅速に市場投入
し、
製品の市場価値が高い間に売り上げ、利益を確保し、
陳腐化する以前に遅滞なく市場撤退
(製品フェードアウト)することが求められます。

製品のライフサイクルマネジメントとは、
製品のライフサイクルに軸を置いた統合的なマネジメント
の概念であり、
製品のライフサイクル
(企画・開発から製造中止までの推移)に対応して、
製品の市場投入、販売、市場撤退に関する
迅速かつ最適な意思決定
を可能にする為の、
企業内・企業間の全サプライチェーンを統合した仕組み
を指します。

特に、製品のライフサイクル・マネジメントにおいては、
製品を市場へ投入するまでに要する時間
Time to Market

最短にすることが重要であり、
それによって、
顧客のニーズとのズレを最小化でき、
それによって、より、売り上げを最大化し、かつ、
結果的に製品の寿命を最大化することができるのです。

欧米においては
製品のライフサイクル・マネジメントは
ビジネス活動における基本的な考え方として
CRM、SCMと同様に一般企業に定着しつつある概念です。

なお、リサイクル、環境への影響等の視点から
個々の製品自体に注目して、
その製造から廃棄までを指して、
「製品のライフサイクル」と呼ぶ場合があります。

<開発>
 ○ 何を開発すれば良いのか?
 ○ どのような機能・性質を持たせれば良いのか?
 ○ 開発の優先順位は?
 ○ いつまでに開発すれば良いのか?
 ○ 誰に、どの組織に、どの企業に開発させるのか?

<製造>
 ○ どの組織に、どの企業に製造させるのか?
 ○ 資材、生産設備はどこに発注するのか?

<投入>
 ○ いつ、市場に投入すれば良いのか?
 ○ どの価格帯で勝負すれば良いのか?

<販売>
 ○ 製品情報、販売情報の管理方法は?
 ○ どの組織に、どの企業に販売させるのか?
 ○ 販促方法は?
 ○ マーケティング手法は?

<撤退>
 ○ いつ、市場から撤退すれば良いのか?
 ○ 代わりとなる新製品はあるのか?

→ 医薬品のライフサイクル
→ 医薬品のライフサイクルマネジメント

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ