プラセボ期

患者の疾患の特徴や重症度から、
長期のプラセボ治療が受け入れられない状況では、
実薬対照試験の開始時点において、
短期間プラセボ群を用いる
ことで、
(少なくとも短期効果について)
分析感度が確立されることがあります。

このように、期間を限定してプラセボを用いる場合の
プラセボ使用期間を「プラセボ期」といいます。

また、ランダム化治療中止試験では、
一定期間被験治療を受けた被験者が、
被験治療の継続又は
プラセボ(実薬治療の中止)
のいずれかにランダムに割り付けられ、
プラセボに割り付けられた被験者にとっては、
「プラセボ期」となります。

→ ランダム化治療中止試験 
→ プラセボ
→ プラシーボ効果 
→ 二重盲検法、二重盲検試験
→ 盲検化
→ ランダム化(無作為化)
→ 上乗せ試験

<プラセボFAQ> 

1.プラセボとは?
2.なぜ、プラセボを使うのか?
3.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
4.プラセボとインフォームドコンセント
5.プラセボが用いられる場合は?
6.プラセボに当たる確率は?
7.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか?

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ