パイプライン(pipelines)

製薬企業における各薬剤の開発から販売までの
一連のライン(体制)のこと。

多くの製薬企業では、
品目(薬剤)ごとに縦割りの組織(開発・販売)が
形成されていることから、
石油パイプラインなどの形を模して
「パイプライン」と呼んでいます。

製品パイプライン
開発パイプライン
開発品目パイプライ
新薬パイプライン

疾病別新薬パイプライン
抗癌剤パイプライン
といった使い方をします。

パイプラインの強化

特定の疾患領域において、
パイプラインが1本だけでなく、
複数用意し束ねることにより、
選択集中にさらに相乗効果が加わります。

パイプラインの拡大・充実(拡充)

また、従来は無かった疾患領域のパイプラインが
加わることにより、
当該製薬企業の品揃え充実し、
それが戦力アップ及びリスク分散につながる
という戦略もあります。

一方、全く関連性の無いパイプラインを揃えても、
相乗効果が見込めない為、
開発効率・販売効率が低下し、
結果として利益率が低下する危険性があることも、
念頭に置く必要があるでしょう。

日本企業のパイプラインの貧弱性

新薬メーカーについては、
日本企業1社当たりの臨床第2相試験以降の
パイプライン数は、欧米企業の4分の1しかない
(2006年2月15日 厚生労働省医政局経済課 課長の講演
  「医薬品産業の現状と課題」 より)

※日本企業1社あたりの研究開発費は、
  米国企業の6分の1に過ぎない。

企業戦略として

製品パイプラインの強化及び拡充(拡大・充実)は、
多くの製薬企業が目標として掲げていますが、
どちらを目指すのか、
両方目指すのかによって、
製薬企業の製品戦略(製品の開発・販売戦略)は
大きく変わってきます。

特に、クロス・ライセンスおよびコ・マーケティングは、
自社製品パイプラインを充実させる手っ取り早い方法です。

→ アライアンス(戦略的提携) 
→ クロスライセンス 
→ コ・マーケティング
→ コ・プロモーション

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ