薬物動態学/ファーマコキネティクス(PK:pharmacokinetics)

生体による薬物処理の過程(吸収、分布、代謝、排泄)と
これに関与する酵素、トランスポーター等を研究し、
生体内における薬物の動態薬物動態)を解明する学問

薬動力学」とも呼ばれます。

投与された薬物が体内でどのようなパターンで
処理されているのか、

 ・ どのように吸収され、
 ・ 体内のどこに分布し、
 ・ どこでどのように代謝され、
 ・ 排泄されていくのか

を経時的に観察します。

具体的には、薬物投与後の
血中濃度の推移、
血中濃度半減期、
排泄速度

などを研究します。

医薬品開発の過程では、
薬物の効果を最大限に引き出し、
副作用を最小限に止める目的で
当該化学物質の薬物動態について
綿密な検討が行われ、
薬物の用量、投与間隔、剤形などを決定する際に
不可欠な情報を提供します。

→ 薬物動態試験(PK試験)
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験)
 

→ 臨床薬理試験 

→ 血中濃度 
→ 最高血中濃度(Cmax)
→ 最高血中濃度到達時間(Tmax)
→ 半減期(t1/2)
→ 血中濃度曲線下面積(AUC) 

→ 平均滞留時間(MRT)
→ 分布容積
 
→ 線形性

→ 治療薬物モニタリング(TDM) 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 線形性
→ 初回通過効果
 

→ 生物学的同等性試験
→ バイオアベイラビリティ
→ ジェネリック(後発品)

→ クロスオーバー法
→ 溶出試験 

→ 薬物 
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ 薬理学 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ