薬剤経済学(Pharmacoeconomics)

ファーマコエコノミクス」という呼称も良く使われてます。

医療行為に用いられる薬剤=医薬品)」についての経済学
であることを強調して、
医薬経済学」という呼称を使う場合もあります。

私の個人的な好みでは、
「薬剤経済学」よりも「医薬経済学」の方が
スマートな印象を与え、
関係者にも良いイメージを与えると思います。

「薬剤経済学」(医薬経済学、ファーマエコノミクス)は、

医薬品の経済性・効率性を評価する学問
言い換えれば、
医薬品の費用対効果を検証する学問です。

より実践的にアプローチする場合は、
費用対効果に優れた医薬品を選択する学問
だとも言えるでしょう。

目標とする治療結果(アウトカム)を達成する為に、
提供可能な複数の治療法(医薬品)のうち、
最も費用対効果が優れた治療法(医薬品)を選択する
というアプローチ手法。

薬剤経済学では、
薬剤がもたらす費用、すなわち、
薬剤という医療資源を消費して治療を行う上で
発生する費用と
そのアウトカムを測定し、
薬剤の臨床的効果経済的効率両方評価します。

▲Top


薬剤経済学で使用される分析手法

薬剤経済学で使用される分析手法の代表的なものに、

費用最小化分析、
費用効果分析、
費用効用分析、
費用便益分析

などがあります。

(1)費用最小化分析

臨床効果がほぼ同等である複数の治療法の中で、
発生する費用が最小となる治療法が
資源の効率的利用の観点から最も望ましい
と評価する分析手法。

例えば、
先発薬と後発薬との比較、
注射薬と内服薬との比較(剤型間比較)、
同等の治療効果を持つ抗菌薬間の比較
など。

(2)費用効果分析

臨床効果が異なる複数の治療法を比較する場合
に適用されます。
治療によって発生する費用
治療によって得るアウトカム
の両方を総合的に考慮して比較・評価する分析手法。

アウトカムを測る効果尺度としては、
罹患率、
死亡率、
平均余命、
QOL、
治癒率、
救命数、
獲得生存年
のような集団的指標が使用されます。

従って、費用効果分析とは、
医師と患者の個人レベルの分析法ではなく、
集団に対して効果的な治療法を選択する方法
だとも言えます。

▲Top


製薬企業における薬剤経済学

薬剤経済学は、
製薬企業における重要な戦略ツールの一つです。

・ 開発の意思決定、
・ 開発計画立案、
・ 価格設定
・ マーケティングプラン立案

など企業活動のさまざまな場面で活用されています。

医療機関における薬剤経済学

薬剤経済学は、
医療機関においても、
経営合理化・効率化の視点からも
重要な経営ツールの一つだと言えます。

採用する医薬品や処方する医薬品を選定する際に、
価格に見合うだけの価値のある製品であるかどうかを
合理的に判断する際に、
薬剤経済学的アプローチが力を発揮します。

▲Top

→ アウトカム 
→ ジェネリック(後発品)
→ 先発医薬品(先発品)
→ 医療経済学(メディカルエコノミクス)
→ 薬剤比率


米国における薬剤経済学

メディケアなどの保険者(保険組合)が、
医療機関における採用医薬品の選定の際に、
薬剤経済学的アプローチを用いています。

また、製薬企業は、
各保険者のフォーミュラリ処方薬集)に
自社製品を掲載させる為に、
薬剤経済学的アプローチで分析したデータを
提出しています。

→ 医薬品フォーミュラリ

▲Top

→ 物質特許  
→ 製法特許
→ (医薬品の)特許期間 
→ バイオ関連の特許(参考ページ)
→ 医薬品のライフサイクル
→ 医薬品のライフサイクルマネジメント
→ 製品のライフサイクルマネジメント

←治験ナビ・フレームトップページ