PET(Positron Emission Tomography)

陽電子放射断層撮影法 の略語で、
通称、「ペット」と呼ばれます。

ポジトロン(陽電子)を放出する物質(生理的活性物質)、
ポジトロン薬剤」(PET薬剤とも呼ぶ)を
体内に投与することにより、
その挙動を画像としてとらえることで、
体内を断層的に撮影する方法です。

PETに使われる装置(機器)、
陽電子放射断層撮影装置
通常、「PET装置」 と略して呼びます。

▲Top

PET検査

PETを用いた検査を「PET検査」と呼び、
特に癌の早期発見方法として期待されています。

従来のX線装置(レントゲン等)や
MRI装置、超音波診断装置が
体内の器官や組織の形状個別に検査するのに対して、

PET検査はからだの機能や代謝の様子を
断層画像として、いっぺんに捉え、検査することができます。

PET検査では
ポジトロン(陽電子)を放出する特殊なブドウ糖
FDG薬剤:フルオロデオキシグルコース)
ポジトロン薬剤PET薬剤ともいう)
を体内に注入して、
薬剤が臓器などの器官に集まる様子・代謝される様子を
PET装置で撮影します。

特に、
癌細胞は他の正常な細胞に比べて、
ブドウ糖を多く取り込む性質がある
ことから、
新しい「癌検査法」として注目されています。
癌細胞がブドウ糖を取り込む量は、
正常細胞の3〜8倍と言われています。

▲Top

PET検査のメリット、特徴

(1)検出力が高い

PET検査では、
条件が良ければ、
ミリ単位の微少な癌を発見することが可能で、
癌の早期発見に大きな威力を発揮します。
従来の診断では癌(腫瘍)の形を見つける方法のため、
見落とすことがありました。
また、治療効果の判定などにも有効です。

(2)がんを早期発見できる

ミリ単位の微少な癌を発見することが可能で、
初発
及び再発の癌病巣を正確に特定できるので、
早期治療が可能になり、
治療効果、回復の可能性が向上します。

一般に、がんは、直径1センチになるまでは、
その人の年齢にもよりますが、
10年から20年という長い年月をかけて
がんはゆっくり大きくなっていきます。

1センチ以内であれば、
手術や化学療法、放射線治療等によって、
治癒・完治の確率が高いといわれています。

がんは、
1センチを超えると1〜5年間で急激に成長し、
2センチを超えるともはや手遅れの段階
といわれています。

CTやMRI、超音波検査では、
直径 1センチのガンから発見できるのに対して、
PET検査では5ミリのガンから発見できるとされ、
5ミリの時点で発見でき、治療が開始されれば、
1センチの時点で発見される場合に比べ、
はるかに治癒・完治の確率は高まります。

(3)検査効率が高い

PETによる癌検査では、
各臓器ごとの検査ではなく
1回の検査で、しかも短時間で、
全身の癌をくまなく検査
できるので、
検査方法としても効率的です。

(4)転移有無を確認しやすい

1回の検査で、転移した癌が複数同時に発見できれば、
それだけ、早期治療が可能になり、
治療効果、回復の可能性が向上します。

(5)良性・悪性を判別できる

PET検査では、
腫瘍の良性・悪性を判別することができるので、
わざわざ開腹・手術しなくても
以後の治療方針を検討・決定することができます。

(6)治療効果を判定できる

PET検査によって、
化学療法や放射線療法後の経過を追跡することにより、
従来の他の検査法よりも、
早い時期に治療効果を判定することができるので、
治療方針の継続・変更等の検討・決定に有効です。

(7)人道的な検査法

痛みを伴うのは、最初のPET薬剤を注射する時だけで、
後は寝ているだけでいいので、比較的楽。

また、女性の場合、
乳がん、子宮がん、卵巣がんなどのがん検診において、
内診、触診という不愉快な検査がありますが、
PETであればそのような思いはしなくて済みます。

(8)医療費削減

PET検査自体は、高価なものですが、
癌を早期発見できるので、
結果的に医療費の削減につながります。

日本アイソトープ協会PETワーキンググループが行った
2000年試算によると、
「大腸がん」を対象とした医療経済効果は、
国内で年間65億8,071万円の節減、
患者1人当たりでは 58万9,299円の節約
となるそうです。

▲Top

PET検査の弱点

(1)PETでは検出しにくいがんがある

PET検査とも万能のがん検査ではなく、
PETでは検出しにくい苦手ながんがあります。

1)ゆっくり進行するような活動性の低いがん
  例えば、
  胃や腸の壁面に薄く拡がっていく高分化型のがん

2)腎臓から廃尿器官に至るまでの器官のがん
  PET薬剤が尿として排泄される為に集中することから、
  がんかどうかの判別がしにくいのです。
  例えば、腎臓がんや膀胱がん、前立腺がん、尿管がん

(2)PET画像の画質の低さ

  PETの分解能(いわば画質)は、
  CTやMRIの1/16しかない為、
  画質が不鮮明だという難点があります。

  その為、がんがあるらしいことはわかりますが、
  病変部位の形や大きさを正確に知ることは、
  PET画像からだけでは困難で、
  CTやMRIの画像と合成して確認する必要があります。

▲Top

PET検査とCT検査の違い

(1)CTとは?

CT(Computed Tomography)は、
エックス線を用いたコンピュータ断層撮影のことで、

体の断層撮影する点、放射線が関係する点において、
PETと似ています。

CTは、体の外からX線を照射し体を透過させて、
体内の臓器・器官・組織の
X線吸収度、あるいはX線透過度の違いを
センサーで計測しコンピューター処理することにより、
体内の臓器・器官・組織の形状(輪郭)を断層画像化します。

体内の臓器・器官・組織の「形」を検査するので、
形態診断」と呼ばれています。

核磁気共鳴を用いた断層撮影であるMRIも、
「形態診断」に分類されます。

(2)PETとは?

一方、PETは、体内物質であるブドウ糖などに、
陽電子(ポジトロン)を発する放射性物質を目印としてつけ、
体内に注入することにより、
PET薬剤が臓器・器官・組織に集まる様子、
もしくは代謝される様子を計測し、
その発する放射線の量をコンピューター処理することにより、
PET薬剤の分布状態(密度)を断層画像化します。

PETは、体内の臓器・器官・組織の
細胞
代謝などの「機能」を検査するので、
機能診断」と呼ばれています。

(3)PET検査とCT検査のどちらがいいのか?

機能診断、形態診断のどちらにも長所・短所はあり、
得られる断層画像も次元の異なるものなので、
PET検査とCT検査あるいはMRIを組み合わせるのが、
最も理想的だと言えるでしょう。

微小がんの早期発見、再発、転移のチェックという
目的の場合は、
PET検査の方が発見率が高いので、
まずは、PET検査をしてみて、がんの可能性が高ければ、
CTやMRIで病変部位の場所や大きさ・形を確かめる
という方法が推奨されています。

▲Top

PET検査の流れ

一見すると大掛かりの検査のように思えますが、
意外と検査は短時間で済みます。

(1)検査前は4〜6時間、絶食する。

(2)医師による問診を受ける。

(3)ポジトロン薬剤(18F-FDG)を静脈から注射する。

(4)薬剤が全身へ分布するまで約1時間安静にする。

(5)検査前にトイレに行く

(6)ペット装置で撮影

   約20〜30分間、
   寝ているだけで全身の撮影は終了する。
   痛みや不快感は無い。

(7)30分ほど休憩した後、帰宅。

▲Top

PET検査の保険適用範囲

PET検査で保険が適用されるのは、
従来の検査や画像診断などで確定診断ができないもの
に限定されています。

2005年3月現在認められているのは、
悪性腫瘍(がん)10種類、虚血性心疾患、てんかん
の12疾患のみです。(2002年4月より)

したがって、
がんの早期発見を目的としたPET検査は、
保険適用外となり、
自由診療、 つまり、
受診者が全額自己負担で検査を受ける
ことになります。

▲Top

PET検査の値段

PET検査は高額だという印象もありますが、
PET検査にCT、エコー検査を組合わせたコースで、
10万円を切ったものも現れてきているようです。

一般に、
PET検査だけ   ・・・  8〜15万円
PET+総合検診 ・・・ 15〜23万円
(2005年3月現在)

▲Top

PET検査での放射線被爆

ちょっと心配になるのが、
X線検査同様、放射線被爆です。

1回のPET検査による被爆量は、
X線による胃のバリウム検査の
1/5〜1/3程度とされています。
これは、人間が自然界から1年間に受ける放射線量と
同じレベルなのだそうです。

▲Top

PET関連リンク集

→ MD試験(マイクロドーズ試験) 

→ 薬物動態試験(PK試験) 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ