パターナリズム(paternalism)

本人の意志に関わりなく、
本人の利益のために (for one's own good)、
本人に代わって意思決定をすること。

父親の子どもに対する保護干渉統制関係
のうちに認められる支配パターン。

父権主義」、「父権的干渉主義」、「父親的温情主義
とも言います。

一方、医療の現場において見られる
パターナリズム(medical paternalism)は、

患者の最善の利益の決定の権利と責任は医師側にあり、
医師は自己の専門的判断を行なうべきで、
患者はすべて医師に委ねればよい

という考え方を指します。

いわば、
医師は患者の父親もしくは指導者であり、
患者はその子供である

というような医師と患者間の支配関係を指す言葉であり、
医療父権主義」「医療パターナリズム」と呼ばれます。

パターナリズムは、
古くから医療の現場において
長い間実践されてきたのですが、
近年の「患者の権利」意識の高まりとともに、
否定され、無くなりつつあります。

現在では、医師と患者を対等な関係とみなすのが、
一般的ですが、昔ながらの病院や診療所では、
いまだに、パターナリズムが残っている所もあるようです。

それにしても昔は、医者にかかった時に、
治療法のことについて、あれこれ質問したりすると
「患者は黙って医師の言うことを聞いていればいい!」
と叱られたものでした(泣)。

→ 患者の権利章典 
→ インフォームドコンセント 
→ 情報の非対称性 
→ 患者中心の医療

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ