OTC(Over The Counter Drug)

OTC医薬品 の略称で、
正式には「一般用医薬品といいます。

一般用医薬品(OTC)は、
薬剤師などによる適切な情報に基づき
使用者が「自己判断」「自己責任」で使用する医薬品
と定義されています。

簡単に言えば
薬局・薬店で売っている(手に入る)、
医師の処方せん無しで入手できる
大衆薬」(業界用語)のことです。

なお、日本大衆薬工業協会は、
2007年5月8日の総会にて
今後は「大衆薬」の代わりに
OTC医薬品
という言葉を使用していくと決議しています。

薬局のカウンター越しに購入できる医薬品
と言うことで、
英語の「カウンター越し」を意味する「Over The Counter」
の頭文字からとっています。

「医療用医薬品」が
医師の処方せんにより調剤され、
患者に渡される「処方せん薬」であるのに対し、

「一般用医薬品(OTC)」は
消費者が自分で判断して買う
非処方せん薬」である点が異なります。

一般用医薬品(OTC)の役割は、

・軽度な疾病に伴う症状の改善
・健康の維持・増進
・保健衛生

であるとされています。

→ セルフメディケーション

→ トクホ(特定保険用食品)
→ 条件付トクホ(条件付特定保険用食品)
→ 健康食品 
→ トクホ臨床試験受託企業リンク集
→(財)日本健康・栄養食品協会

▲Topへ

 

OTCは、一般の人が薬局・薬店などで、
医師の処方せん無しで購入し服用することが出来るので、
安全性が十分に保証されていない限り、
なかなか承認されません。

その為、通常は、同じ効能の「医療用医薬品」よりも
成分の量を減らし効き目を弱くすることによって、
安全性を高めています

素人が素人判断で服用するので、
量を多少間違っても大事に至らないように、
安全性を重視しているのです。

医療用と同じ成分を含むOTCであっても、
医療用に比べて成分量は
1/2〜1/5程に抑えられているのが通常です。

医師から処方される薬の効き目が大衆薬よりも強いのは、
このような理由からです。

従って、
「医者からもらう薬の方がよく効く」
とよく言われますが、それは本当です。

なお、OTCには、
配置薬、簡易検査薬、医薬部外品、医療用具
なども含まれます。

→ スイッチOTC 
→ ダイレクトOTC

→ 医薬部外品

→ 薬物 
→ 医薬品
→ 医療用医薬品
→ 薬剤

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ