オーダーメード医療(Order-made Medicine)

個人の遺伝子のタイプに応じて
最適な薬を投与する治療法

のことを言います。
近年のヒトゲノム解析の進歩に伴い、

遺伝子の個人差によって
医薬品の効果や副作用が異なる

ことが分かり、
1990年代の中頃から欧米を中心に盛んになってきた
医療に対する考え方です。

実際には、

1.遺伝子検査などから患者の体質を調べる。

2.患者にとって最も効果があり、かつ、
  副作用が発現する可能性が最小となるように、
  薬の種類や、投与量、投与方法を決定する。

という手順になります。

テーラー(洋服屋)がお客1人1人に合った
オーダーメードの洋服を作ることから、
こう呼ばれるようになりました。

しかし、「オーダーメード」は和製英語であり、
欧米など海外では

テーラーメード医療」(Tailor-made Medicine)
「カスタムメード医療」(Custom-made Medicine)

と呼ぶ方が一般的です。
国内でも最近は、「オーダーメード医療」という呼称は、
減少してきています。

また、「テーラーメード」の「テーラー」は、
紳士服の仕立て屋さんを意味し、
比較的財産に余裕のある人向けの商品なので、

財産の有無によらない、
平等な医療を目指す場合ふさわしくない

という意見もあります。

患者個人個人に応じた最適な医療ということから、
最近では、
個別化医療
Personalized Medicine
Individualized Medicine
という言葉が使われ始めています。

→ ゲノム創薬 
→ プロテオーム創薬
→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス) 
→ トキシコゲノミクス

→ バイオインフォマティクス
→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ) 
→ 遺伝子

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ