メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)

肥満、高血圧、糖尿病(耐糖能異常)、
脂質代謝異常、高脂血症など
複数の危険因子(疾患)が重積し、
動脈硬化や冠動脈疾患
(最終イベントとして、心筋梗塞や脳梗塞)
の発症リスク(発症率)が高まった病態。

メタボリックシンドロームは、
いろいろな疾患が重積して一人の患者に起こる病態で、
重積する疾患は、
昔から知られている高血圧や高脂血症、糖尿病など、
決して目新しいものではありません。
重要なのは、それらの疾患が「重積する」という点です。

以前は、動脈硬化の原因(危険因子)としては
「血中コレステロールの高い状態」が考えられていました。
しかし、研究が進むうちに、
動脈硬化を発症する人は
コレステロールが高い人よりも、
むしろ、そうでない人の方が多い
ことが明らかになり、
他の危険因子に注目が集まるようになりました。

80年代より、
複数の危険因子の重積があると、
動脈硬化・冠動脈疾患の発症リスクが高まる
ことが報告され始めました。
その結果、動脈硬化・冠動脈疾患の予防や治療には、
各危険因子に対して個別に治療・予防するだけでなく、
疾患が重複した病態全体を考慮して治療・予防すること
が重要だと考えられるようになりました。
そこで、疾患が重複した病態を表す概念として、
「メタボリックシンドローム(MS)」という概念が生まれました。

-----------------------------------------------------

英国の市場調査会社データモニターの調査によると、
メタボリック・シンドローム(MS)
と呼ばれる症状に該当する人が、
米国、日本、ドイツなど7カ国で約1億1500万人にのぼり、
2010年には、1億6000万人まで膨らむとの事。

また、現在MSの患者で多い順に並べると、

順位
国 名
MS患者数
1

米 国

4950万人
2
ドイツ 1640万人
3
日 本 1400万人
4
英 国 1180万人

日本の場合、MS患者は総人口の11%を占め、
2010年には、人口の16%(2000万人)にまで増える
と予想される。
(2004年10月14日の都内で開かれた記者会見より)

-----------------------------------------------------

高血圧、糖尿病、高脂血症などの危険因子が
偶然以上の頻度で合併する背景には、
共通の生活習慣要因があります。
それは、
食習慣の乱れと運動不足から来る
・肥満、
・内臓脂肪の蓄積
であることがわかっています。

従って、
生活習慣によって発生した危険因子(生活習慣病)
が重積した病態

を指すメタボリックシンドロームは、
予防医学的な意味合いが強い概念といえます。

米国のコレステロール教育プログラム(NCEP)
におけるメタボリックシンドロームの定義や診断基準では、

・ 腹部肥満(ウエスト径)    ・・・> 102cm(男)
                     > 88cm(女)
・ 高トリグリセリド(中性脂肪) ・・・≧ 150mg/dl
・ 低HDL(高比重リポタンパク)・・・< 40mg/dl (男)
                     < 50mg/dl (女)
・ 耐糖能異常(空腹時血糖)   ・・・≧ 110mg/dl
・ 高血圧              ・・・≧ 130 / ≧ 85 mmHg

肥満、高血圧、など複数の危険因子の中から
3つ以上が該当した時に
メタボリックシンドロームと呼んでいます。

しかし日本においては、
日本国内での実情とそぐわない面もみられることから、
動脈硬化学会、肥満学会、糖尿病学会、高血圧学会、
循環器学会の5学会が共同して、
日本人におけるメタボリックシンドロームの
定義や診断基準作りを進めています。

メタボリックシンドロームの治療及び予防には、
肥満やインスリン抵抗性の是正が最良であると
考えられています。

メタボリックシンドロームの増加は、
糖尿病などの併発、動脈硬化から
最後には心臓病や脳卒中に至る為、
入院や突然死の増加が予想されます。

社会的損失は大きく、医療費の増大も懸念されます。
国家的戦略からも、
生活習慣の改善など
国としても真剣に対策を考えるべきだということです。

→ 死の四重奏

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ