免疫(immunity)

体内に侵入して来た
本来、自分の体内に無いもの
(通常は、病原菌、ウイルスやバクテリア等)
を拒絶し排除する生体防衛機能。

字から分かる通り、
免疫という言葉の由来は、
疫病(病気)を免れる
ことです。

免疫をつかさどる仕組み、生体防衛システムを
免疫系と言います。

免疫系は、
一度感染したことのある抗原(体内に侵入してきたもの)
の種類、それとの戦い方を学習・記憶し、
次に侵入してきても、
症状が重くなる前に体内から撃退することができます。

代表的な例は、「はしか」や「水ぼうそう」です。
一度、それらの病気にかかると、その後は、
通常二度とその病気になることはありません。

免疫系には2種類あります。

1つは、「自然免疫系」で、
生まれつき持っている免疫システムです。
いわば、免疫の常設部隊と言えます。
自然免疫系は、最初から備わっていますが、
感染を繰り返しても、
抵抗力・排除力は高まらないのが特徴です。

もう1つは、「獲得免疫系」で、
いろいろな抗原に感染し戦って行く内に身に付ける
後天的な免疫システムです。

体内に敵が侵入すると、まず、
常設部隊である自然免疫系が出動し、
それでも撃退できない場合にようやく、
獲得免疫系が動き出す
という役割分担になっています。

→ 抗原
→ 抗体
→ ワクチン
→ 抗体医薬 
→ ターゲット療法

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ