交互作用(Interaction)

試験治療の対比(被験薬と対照薬との差など)が、
他の要因(施設など)により変わる状況。

量的な交互作用(Quantitative Interaction)とは、
要因のレベルが異なると
それに応じて対比の大きさが変わることであり、

質的な交互作用(Qualitative Interaction)とは、
要因のレベルの少なくとも一つにおいて、
対比の方向までもが変わることである。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ