機能性RNA( )

従来はタンパク質にしかできないとされていた、
発生・分化等の重要な生命現象に関与する
RNA。

リボザイム(ribozyme)と総称されることもあります。

タンパク質の合成に関与する
メッセンジャーRNA(mRNA:messenger RNA)や
トランスファーRNA(tRNA:transfer RNA)等の
既知のRNAとは異なり、
RNA自身が発生・分化等の重要な生命現象に関与する
「機能性RNA」の存在が明らかになりました。

ポストゲノムにおいては、
機能性高分子の主役はタンパク質とされ、
タンパク質に対する研究が主流になっていました。
しかし、細胞内には、タンパク質をコードしない、
非コードRNA(ncRNA:non-coding RNA)が大量に存在し、
これらが機能性高分子として振る舞い、
細胞や生命現象において、
重要な働きをすることが分かってきました。

「機能性RNA」は、
遺伝子の発現制御
細胞の分化誘導
タンパク質翻訳調節など、
生物の発生・分化段階で機能するものが多く、
創薬ターゲットの探索や疾患メカニズムの解明などの
創薬分野や
再生医療への応用につながると期待されてます。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ