禁忌(contraindication)

薬剤を投与してはならない
患者
、または患者の状態(症状)
を言います。

「きんき」と読みます。

日本語の添付文書には、

【禁 忌】(次の患者には投与しないこと)

という項目があり、
薬を投与してはならない患者(疾患・症状)の情報が
全てリストアップされています。
また、その理由も書かれています。

市販後、
当薬剤の投与によって重篤な有害事象が発現し、
因果関係があることが確認されると、
添付文書の「禁忌」の項目に
投与してはならない患者の情報が追加されていきます。

「禁忌」は
添付文書の一番最初に記載されている項目
であることからわかるように、
投薬に関する最も重要な情報であると言えます。

→ 添付文書
→ 使用上の注意
→ 処方せん医薬品

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ