医薬品(medicine)

生体に作用して
生物学的反応
(生理機能の変化、生化学的変化、形態の変化等)
を引き起こす化学物質
すなわち、「薬効のある物質
を「薬物(drug)」と言います。

薬物の中で、特に
その生理活性が疾病の診断、治療、予防に有用であること
臨床試験によって科学的に証明され、
医療に使用して良いと規制当局によって承認され、
医療機関で実際に治療に用いられるようになったもの
を総称して、
「医薬品」と呼びます。

そして、医薬品の俗語が「薬(くすり)」です。
「薬物」の段階では、「薬(くすり)」とは言えない点は
重要です。

医薬品は、
医療機関で医師によって処方される「医療用医薬品」と、
薬局等で販売される「一般用医薬品(大衆薬)」に
大別されます。

医薬品は、
一般の商品と異なり、
人体に直接作用し、
その使用にとって重篤な副作用が発生し得る製品
である為、
消費者である患者を保護するために、
その開発、製造、販売が、
当局によって厳重に監視・規制されています。

医薬品は、
重篤な副作用が発生する可能性があるので、
医師や薬剤師等の専門家の関与のもとで
使用されるべきであり、
医療用医薬品は医療機関(医師)において処方され、
一般用医薬品は薬局(薬剤師)にて販売されるべき
ものであるとされています。

→ 薬物

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

→ OTC(一般用医薬品、大衆薬)
→ スイッチOTC 
→ ダイレクトOTC
→ 医薬部外品

→ 治験薬

→ セルフメディケーション

→ 薬物動態試験(PK試験) 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学) 
→ ポピュレーションPK

→ PK/PD 

→ 薬力学(PD) 
→ 薬力学試験(PD試験) 

→ 臨床薬理試験 

→ ADME(薬物動態/薬物の体内動態) 
→ 血中濃度
 
→ 半減期(t1/2)
治療薬物モニタリング(TDM)
 
→ 初回通過効果
 
→ バイオアベイラビリティ 

→ 薬理学
 
→ 作用機序 

→ 学術

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ