医療用医薬品 (ethical drug)

医師もしくは歯科医師によって使用される、
または、
その処方箋もしくは指示によって使用される
ことを目的として供給される医薬品のこと。

医師が用いる薬、処方する薬
医師からもらう薬
医師のみ処方を許された薬
医師しか処方を許されていない薬

医療機関で処方される薬
(正確には、処方するのは医師ですが。。。)
医療機関でのみ処方を許された薬

(正確には、処方するのは医師ですが。。。)
医療機関でもらう薬
医療機関でしかもらえない薬


などと言い換えることもできます。

製薬業界では、

医家向け医薬品

と呼ぶことも、かなりあります。

薬局で入手できる薬(大衆薬、一般用医薬品)に比べて
効果が高い(効き目が強い)代わりに、
副作用の危険もあるので、
疾患知識、医療知識のある医師の処方がなければ、
入手・服用することができません。

また、製薬企業(医療用医薬品)に所属する
MR(医薬情報担当者)が
各医療機関の医師を頻繁に訪問して、
適切な処方をするのに必要な情報を提供したり、
使用実態や副作用等の安全性情報を収集し、
安全性の確保と適切な処方を維持していく必要があります。

→ 医薬品 
→ 薬物
→ 薬剤

→ OTC(一般用医薬品、大衆薬)
→ スイッチOTC 
→ ダイレクトOTC
→ 医薬部外品

→ セルフメディケーション 

→ MR(医薬情報担当者)
→ 学術

→ 医薬品販売業務受託機関(CSO)
→ DTC広告

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ