一般化(Generalisation)

臨床試験で得た知見を、
その試験に参加した被験者から
より広い患者集団とより広い医療現場へ外挿すること。

通常、臨床試験は限られた少数の患者
(通常、実施される全臨床試験を合計しても1000人以下)
で、なおかつ、
年齢、合併症、アレルギー、併用薬などについても、
厳しい制限を満たした患者に対して行われる為、
実際の臨床の現場で対象となる患者集団とは、
かなり違った属性となることが予想されます。

従って、臨床試験の結果を一般化する際は、
それらの要因も考慮した上で
注意深く評価する必要があります。

→ 一般化可能性

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ