Intention-To-Treat の原則(Intention-To-Treat Principle)

治療に用いる治療方針により得られる効果は、
実際に受けた試験治療ではなく、
被験者を治療しようとする意図
(予定した試験治療規定)
に基づくことにより最もよく評価できる

ということを主張する原則。

この原則から、
一つの試験治療グループに割付けられた被験者は、
予定した試験治療のコースを遵守したかどうか
にかかわらず、
割付けられたグループのまま追跡され、
評価され、解析されるべきであることが導かれる。

→ 最大の解析対象集団(Full Analysis Set)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ