育薬(いくやく)

治験業界では有名な大学教授が提唱した言葉で、

製薬企業だけでなく、
医療機関、
国、地方自治体、
そして、
患者が一緒になって
薬を育てて行こう!

という姿勢を表現したものなのだそうです。

「でも、患者は薬を育てている余裕なんか無いんだけど」
と感じるのは私だけでしょうか?

また、2003年9月8日の薬事日報の記事によれば、
育薬になると、私も育てていかなくては
 という自分(市民)の問題になる

(同上大学教授)
とあります。
-----------------------------------------------

以後の考察は、
この記事に歪曲が無いという前提において、
全体の中での文脈(報道されていない)は不明のまま、
この言葉のみから得られた私の感想に基づいています。
発言の意図と異なるのであれば、申し訳ないです。
(決して、発言者の名誉を傷つける意図はありません。)

育薬になると、私も育てていかなくては
 という自分(市民)の問題になる

これは、患者に対する脅しでしょうか?
治験に参加しなければ、結局困るのは患者だよ
ということでしょうか?

確かに、医薬品の開発が進まなければ、
治療法が進歩しなければ、
最終的に困るのは患者です。

しかし、「私も育てていかなくては」というのは、
まるで、治験参加を強要されているような感じがします。
患者には、治験に参加しない自由 だってあると思います。
それとも私の考え方のほうが
市民(日本国民)として自分勝手なのでしょうか?

製薬企業や治験推進団体は、
治験(臨床試験)参加の意義」の1つとして、
社会貢献の為
を必ず挙げています。

しかし、
他の、未来の患者の治療に役立てる為に、
 自らの体を実験台として提供すること

患者のお手本だとして賞賛し、
自発的な態度として患者に要求するのは、
まさしく人権侵害の典型だと言えるでしょう。

薬が市販された後も、
それによる治療データを集積し、
エビデンスを活用して治療法の向上に役立てること。
それを「育薬(薬を育てる)」と呼んで推進する事自体は、
賛成です。非常に素晴らしいことです。

しかしそれは、あくまでも医療者側の役目・行為であり、
医療機関・製薬企業・当局の姿勢・体制・制度として
必要なものです。

患者側の行為ではありません。
薬は患者が一緒になって育てるもの
ではないはずです。

→ 被験者の呼称について 
→ 治験のメリット(治験FAQ)

ちなみに、2003年9月8日の薬事日報によると
日本製薬工業協会の活動を紹介する冊子
「製薬協ガイド」(2003年版)の
薬のライフサイクルを紹介するコーナーの中で、
「育薬」という言葉が初めて正式に使われたそうです。
11月の製薬協イメージアップキャンペーンのテーマ
にも採用するとのこと。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ