被験者の事を
治験ボランティア
治験モニター
医薬ボランティア
医学ボランティア
と呼ぶ場合があります。

確かに、自発的に進んで受けるという意味では、
ボランティア」かもしれませんが、
大事なことを見落としています。

被験者はあくまでも患者なのです。
本来ならば(健康体ならば)、好きこのんで、
副作用が起こるかもしれない薬剤を
自ら進んで投与されたいと思うでしょうか?

(健康な若者が、お金目的で参加する第T相試験はともかく)

患者は、自分の病気を治す為に、
やむを得ず治験に参加している
のです。
それを「ボランティア」などという安易な表現
片づけてしまって良いのでしょうか?

献血するのとは訳が違うということを、理解するべきです。

また、「ボランティア」という言葉には、
参加することはいいことだ」と
いう意味が暗に含まれていることに気がつくべきでしょう

もちろん、治験に参加すること自体は、
決して悪いことではありませんが、

「ボランティア」
→ いいこと
→ 奨励されるべきこと、誉められるべきこと

という図式がそこにあるのです。

「ボランティア」という言葉は、まさに、
治験に参加する行為を美化
している言葉なのです。

ボランティアに参加しない人=社会に貢献しない人

治験に参加しない患者 = 医療の進歩に貢献しない人

であり、「ボランティア」という言葉は、患者に対して、
治験に参加しないことに後ろめたさを感じさせるのです。

いわば、脅しですね。

------------------------------------------------------

ところで、最近、さらに、困った表現型が出現しました。

創薬ボランティア

創薬」というのは、あくまでも「薬を創る」側の発想であり、
表現です。ここに「患者」の立場は不在です。

それに、

そもそも、患者は 「ボランティア」 じゃ無いんだってば!

------------------------------------------------------

先日、「創薬」という言葉の「患者不在性」を補う、
新たな表現型を雑誌で見つけました。

育薬ボランティア

育薬」というのは、
製薬企業だけでなく、
医療機関、
国、地方自治体、
そして、
患者が一緒になって
薬を育てて行こう!
という姿勢を表現したものだそうです。

「育薬」には、「患者参加性」も加味されている点で、
患者不在の点は解消されていますが、

だから〜、患者は 「ボランティア」 じゃ無いんだってば!

それに、社会の為に「薬を育てて行こう!」などと思うような、
殊勝で自己犠牲的な患者さんは、滅多にいませんよ!

<おさらいコーナー>
患者は、自分の病気を治す為に、
やむを得ず治験に参加しているのです。
社会貢献というのは跡付けの理由です。

------------------------------------------------------

創薬」とか「育薬」とか「ボランティア」とか、
どうして、日本人というか日本の製薬企業は、
感情を込めた「言葉」を使いたがるのでしょう?
ウザッタイだけです。

もっと、単純に合理的にクールに考えればいいんです。
治験とは、
患者が自分の病気を治す為に自主的に参加するもの

従って、治験に参加する患者のことを、
治験参加者」と呼べばいいんです。
「治験参加者」という言葉は、
事実をそのまま描写しただけであり、
そこには何の意図も下心もありません

治験に参加されたい患者さん、いらっしゃ〜い!
この指と〜まれ!
ただ、これだけの簡単なことがなぜ分からないんでしょうね。

→ 被験者 
→ 治験のメリット(治験FAQ)

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ